美容鍼・鍼灸・経絡アロマトリートメント
東京都渋谷区恵比寿の女性限定サロン

美容鍼による7つの効果

化粧品やエステ、皮膚科の治療などで治らなかった肌の悩みも美容鍼で改善できる場合があります。今回は、1回の施術でも効果を実感できる美容鍼の魅力や、身体の中から改善することで「トラブルを予防しつつ、良い状態をキープできる」という東洋医学ならではのメリット、美容鍼との上手な付き合い方などについてお話します。

_MG_1118_r

美容鍼で肌のターンオーバーを改善

ニキビ、しみ、クマ、しわ、ほうれい線といった肌の悩みやトラブルの多くは、肌の新陳代謝であるターンオーバーの乱れからきています。ターンオーバーの周期は28日程度とされており、このサイクルが正常であれば肌年齢が若くなります。しかしターンオーバーの周期には個人差があり、年齢やストレスの度合いによっても変化します。一般的に加齢とともにサイクルが長くなる傾向にあり、40代では40日程度になることもあります。

ターンオーバーの正常なサイクルを保つには、年齢にかかわらず美容鍼によるアプローチが有効です。皮膚の細胞は、①表皮、②真皮、③皮下組織の3層に分かれており、皮膚の大部分を占めるのは、②真皮です。真皮はほとんどがコラーゲン繊維でできており、肌のみずみずしさや弾力などに深く関わっています。コラーゲンは、年齢とともに減少し、硬くなり、弾力を失います。動きに対してスムーズに対応できなくなり、コラーゲンの機能が衰えると、シワやたるみとなるのです。また、一般に、女性ホルモンは30歳頃から低下し始めるといわれており、お肌の弾力や顔色、艶にもその影響が及びます。真皮層に鍼で刺激を与えると細胞が「傷つけられた」と認識し、その部分を修復するためにコラーゲンやセラミドなど、肌にとって大切な成分の生成が促進されます。その結果、ターンオーバーのサイクルが整い、肌トラブルが改善されるだけでなく、肌の状態が良くなることでエステや化粧品の効果をより高めることにもつながります。

第三回1_2

 

顔へ直接施術する、美容鍼の効果

ターンオーバーのサイクル改善のほかにも、直接顔に施術することで微量の外傷、出血、炎症反応を起こすことによって血流を促進します。血流が良くなり、老廃物の排出と肌の新陳代謝を促し、しみ、クマ、ほうれい線などを目立たなくする効果が期待できます。しみの場合は気になる部分に直接施術しますが、クマやニキビには周辺の皮膚に働きかけます。特に目元の皮膚は非常に薄いため、直接鍼をするのではなく目の周りの筋肉や首・肩に施術して血行を良くすることで、クマが薄くなり、目立たなくなります。さらに顔には身体と関係するツボが集中しているので、お顔の症状だけでなく、お身体のケアにもつながります。お顔の血行が良くなれば筋肉のコリも改善するため、「クマが薄くなるのと同時に肩コリも良くなった」という、うれしい効果も期待できるのです。ニキビも同様で、患部に直接働きかけるだけではなく、顔全体の血行を改善することで熱や炎症が抑えられ、軽いニキビなら1回の施術で効果を実感することができるでしょう。

 

顔と身体、両方へのアプローチで効果がアップ

肌トラブルの原因は身体の中にあるケースが多く、意外なところに隠れていることもよくあります。例えばほうれい線は肌の栄養失調が原因のひとつと考えられるので、胃腸の働きが低下している方ほど目立ちやすくなります。ですから胃腸を整えて栄養の吸収力を高め、肌まで栄養が行き届くようにしてあげれば、ほうれい線も目立たなくなるのです。

今、現れている症状を改善することに注力しがちな西洋医学に対して、東洋医学を由来とする美容鍼灸では、症状へのアプローチはもちろん、全身の血流や気の流れを改善することでニキビやしみができにくい体質へと変えていきます。「顔に鍼をするのは怖い」という方もいるかもしれませんが、施術の部位や症状によっては、刺さない鍼や、0.7mmというごく小さな鍼を使うこともありますので、鍼灸師に相談してみてください。

 

1回の施術でも実感できる美容鍼の効果

ほうれい線の改善の場合、顔の血流を良くして老廃物を排出し、老廃物の重みで下がっていた頬を上げることでほうれい線を目立たなくするというアプローチもあります。この方法だと1回の施術でも効果を実感しやすくなります。年齢や肌質などの個人差や季節的な影響はありますが、1回の美容鍼施術で7つの変化が現れると考えられております。

第三回2_2

① 首長効果:
首のコリを改善し血行が良くなり、凝り固まっていた胸鎖乳突筋や頭板状筋のコリがほぐれると、首・肩の状態が変化します。下に引っ張られていた耳の位置が上がり、その分、首がスラリと長く細く見えるようになります。

② リフトアップで小顔効果:
咬筋、胸鎖乳突筋にアプローチし、コリや顔にたまっていた老廃物を排出することで、本来のフェイスラインが復活します。

③ 頬の幅は小さく・頬の高さはアップ:
お顔の中でも一番脂肪が溜まりやすい脂肪ポケットのある頬骨靭帯付近と咬筋が変化し、顎関節のコリが緩和することで、お顔に立体感が。

④ 目ヂカラアップ:
前頭筋、眼輪筋、皺眉筋にアプローチすることで顔全体の皮膚が引き上げられるためまぶたも上がり、その分、黒目の部分が大きく見えるようになり視界も広がります。前頭筋が変化すると眉毛の形まで変わって見えます。

⑤ くすみの解消:
首や頭皮への施術を行うことで顔全体の血行が改善され、肌のくすみやが解消され、肌がワントーン明るくなります。

⑥ 口角アップ:
お顔の血行を良くして上唇挙筋・大小頬骨筋口角挙筋を引き上げることで口角も上がって見えます。

⑦ 肌の質感:
施術直後に触れると、お肌の質感の変化を実感されることも。乾燥されている場合は肌がしっと潤った感じに。

 

美容鍼との上手な付き合い方~持続効果と治療頻度

真皮層への刺激効果が持続するのは2週間程といわれていますが、ストレスや生活習慣などによって大きく違ってきます。1回の施術で効果が出たとしても、その効果を長く維持するためには、生活習慣の改善など必要になります。

美容鍼による治療の目的はアンチエイジングではなく、お肌の悩みやトラブルを根本から治すとともに身体の中からキレイになることで新たなトラブルを予防し、良い状態を維持することです。とはいっても、体質も生活習慣も人それぞれ。どのように美容鍼と付き合っていけばいいのか、カリスタのCHIHIRO院長に聞いてみました。

「カリスタでは、お悩みの症状が改善されるまで最初は、週1回のペースで来られる方が多いです。その後、肌のターンオーバーは2週間目安で行われているので、改善後も良い状態を維持するために月2回程度のペースでいらっしゃる方が多いですね。まったく施術を受けないでいると生活習慣などから、お肌が元に戻ってしまうこともありますので、最終的には月1回のペースでも継続することが大切です。ただ、調子が良い状態が続いている場合は無理に受けていただく必要はないでしょう。カリスタにいらっしゃる方の中には、結婚式や大事な写真撮影の直前にお肌の調子を整えたり、数カ月後の同窓会を目標にリフトアップしたりなどスケジュールに合わせて施術を受ける方もいらっしゃいます。鍼灸師と相談しながら、プライベートの予定やお肌の状態に合わせて上手に美容鍼とお付き合いしていただければと思います」

What do you think of this post?
  • 参考になった (3)
関連記事
東洋医学の一つであり、全身にあるツボを鍼で刺激することで体の不調や痛みを改善する鍼治療。その中で美容を目的としたものが「美容鍼」です。皮膚や筋肉に直接アプローチすることで、ニキビやほうれい線、しみ、し...

>続きを読む

小顔・リフトアップ、むくみ・たるみ、ニキビ、しみ、しわ、くま・くすみ、肌の乾燥……さまざまな美容の悩みの救世主「美容鍼」。ハリウッドスターなど海外のセレブリティが美容法に取り入れたことをきっかけに世界...

>続きを読む

美容鍼はニキビ、しみ、クマ、しわ、ほうれい線など、さまざまな肌トラブルの解消に役立ちます。「肌の悩みには鍼がいいらしい」という口コミも広まりつつありますが、なぜ鍼治療で美容効果が得られるのか、その...

>続きを読む