top美容鍼講座>美容鍼って痛い?

美容鍼って痛い?


美容鍼って痛い?

美容鍼は痛いの?どうなの?知りたい方、多いと思います。


お顔にはりねずみのようにたくさんの鍼がささっている写真なんかを雑誌やテレビなどで見ると、「うわ~痛そう~」と思われる方もいらっしゃるんじゃないかなと思います。


美容鍼が一般的に痛いかどうかで言いますと、ほとんど痛くない、というサロンさんが多いと思います。
そして、痛い美容鍼のサロンさんもあります。


当店のお客様の反応を見ていても、え?もうささってるんですか?
とか、全然痛くないですね~といったお声がほうが圧倒的に多いのは事実です。


但し、一般的には、個人差もありますが、この2点によって異なります。


1) サロンの施術方針・方法
2) 鍼の太さ


施術方針という意味で、例えばカリスタはとにかく痛くない鍼というものを目指しています。
なぜならカリスタは根本的に鍼灸をよりたくさんの方に受けて頂きたいという考えで治療院を運営しているためです。
(痛いのはイヤという方のほうが一般的に多いと思いますので)


一方、痛いから効くという美容鍼サロンさんもあります。
否定できるものでは決してなく、それが施術方針・方法ということです。


東洋医学は、西洋医学のように答えが一つではなく、お客様、施術者、それぞれによって様々な施術を行います。
(ちなみに、東洋医学は本当に奥が深く、気圧配置によっても施術内容を変えるという考え方もあるくらい、施術方法は考え方や先生によって多岐に分かれます)


お話を戻しますが、鍼の太さは、太い=痛い、というものではありませんが、太いほうが痛く感じやすいという傾向はあります。
前述のとおり、痛いことがだめということではありません。
より効果を出すために必要という考え方もありますから。


ただ、鍼が太くても、痛くないうち方というのもあります。
カリスタでは痛い鍼はしない、でも効果を出すために少し太い鍼を使って、痛くないうち方で施術する、という方針で施術しております。
(少し太いといっても髪の毛ほどの細さです)


これも一概には言えませんが、太い鍼のほうが効果は出やすいのが実際のところです。


まとめますと、個人差、施術方針、鍼の太さ、痛いか痛くないかはそういった要素で決まります。
Webサイトを見るとそういったことにも言及されている親切な美容鍼サロンさんも多いので、ぜひチェックされてみてはいかがでしょうか。