美容鍼・鍼灸・経絡アロマトリートメント
東京都渋谷区恵比寿の女性限定サロン

口コミNo.1の鍼灸サロンで『美容鍼灸』を体験!小顔効果でシャープなフェイスラインに変身


初めての美容鍼灸:本日は、「体験者ゆりこさんの体験レポート」をお届します


♥体験者:ゆりこ/30代 職業/美容エディター
徹夜に会食…不規則な生活で心身ともに疲れモード
仕事柄、徹夜が続くことも多々あり、睡眠時間や食生活は不規則になりがち。肌だけでなく、身体の奥から悲鳴が聞こえてきそうなほど疲れがたまり、さまざまなトラブルを抱えている日々。

自覚している美容や身体に関する悩
◊顔のむくみ
◊長時間のパソコン作業での目の疲れ
◊慢性的な全身の冷え(特に足先)
◊全身の倦怠感
◊首・肩コリ

普段の食生活
締めきり前には気がつけば1食も食べていなかったり、逆に会食が続くことも。食生活が不規則になりがちな分、休みの日にはたっぷりの野菜と手のひら一個分のタンパク質を摂るように心がけています。

 

女性の心と身体を整える、恵比寿で初めての美容鍼灸を体験

東洋医学では7の倍数を基準に、女性の身体に変化が訪れると言われています。
それに加えて結婚や出産、転職などのライフスタイルの変化にともない、私たちの心と身体はジェットコースターに乗ってるかのごとく、めまぐるしく変化します。
ですが、その変化に向きあうときこそ、女性として新たな美しさを開花できるターニングポイント。
———例えば20代の頃は、2日くらい寝なくても乗りきれていたことが、30歳をすぎたころから急にしんどくなってしまったり。出産を経験する前には感じなかったさまざまな不調を感じるようになったり。40歳を手前に化粧品やエステに頼ってもカバーできない肌や体の悩みを感じて急に自信がなくなったり。

しかし今の時代、年齢は背番号にすぎないのではないでしょうか?
いつまで美しくいたいと願うことは、すべての女性に与えられる権利となり
その歳にならないと得られない美しさを手に入れた女性たちの笑顔が、あふれています。
そんな願いに寄り添ってくれる美容鍼灸院があると聞き、体験してきました。

 

三ツ星サロン認定の美容鍼・鍼灸サロン、カリスタ
まずは店内へ。サロンに一歩踏み入れると、季節に応じて院長がセレクトするという心落ちつく香りに迎えられます。椅子に座って待っていると、鍼灸師の方が笑顔で迎えに来てくれました。

落ち着いた穏やかな照明の通路を抜けて案内されたのは、ラグジュアリーなエステサロンさながらのプライベートルーム。ここから、特別な時間がはじまるのだと期待に胸がおどります。

———あるがままを受けいれて、最高の美しさを花開かせてほしい。
そんな想いのもと、カリスタでは訪れた女性がリラックスできるようスタッフは全員女性。
国家資格を持った女性鍼灸師が、自覚していない身体の声にまで耳を傾け、東洋医学の理論に基づき、美容はもちろん気になる症状に対して鍼とお灸で的確に治療してくれます。

店舗は恵比寿に2店舗あり、どちらも駅から徒歩約5分という好立地。仕事帰りや、ショッピングに出かけたついでにも便利です。それにスタッフは女性だけだから、疲れきってボロボロになったときにも駆けこめそう。

 

カリスタで一番人気「粋華」のトライアルコースを体験
美容もだけど、身体の不調を改善したい。
そんな想いで選んだのは美容鍼と併せて全身調整もしてくれる「粋華トライアルコース」。鍼だけでなく、お灸も組みあわせてくれる「粋華」はとても魅力的。

肩コリ、冷え、腰の痛み、目の疲れなど……辛い局所だけでなく、東洋医学的・西洋医学的に、身体全体の状態を診ながら、根本原因を解決する治療法「経絡治療」がカリスタの治療ベース。そのためカウンセリングを重視し、その時々の体調にあわせた治療をしてくれます。

 

いざ、「粋華トライアルコース」体験スタート

①カウンセリングからスタート

心地よい照明と香りに包まれたプライベートルームに移動したらカウンセリングがスタート。問診票に自覚症状を記入し、職業や睡眠時間などの生活習慣を聞かれました。会話が進むにつれ「そういえば」とか「実は~で」など気づきがあり、そんな会話から私にあった治療方針を決めてくださいます。

②施術前の準備はとても簡単

カウンセリング後は、用意された上下セパレートの施術着に着がえます。メイクを落とさなくていいので、準備はとても簡単です。

 

③仰むけになり脈診してもらいます

まずはベッドに仰向けになり、手首を数カ所確かめるように触れられます。
これは、脈の状態をみて、その日の疲労度合や不調がどこに合わられているか、身体の状態をさらに知るために行うそうです。
「ちょっと交感神経が優位になっていますね」と院長。

カウンセリング、脈、身体を触ってみるとどこに不調が出ているかがわかるそう。
何かに集中したり、仕事を頑張っている人は、副交感神経と交感神経の切りかえがスムーズにいかなくなりがちだそうで、「最近、寝不足ですか? いつも緊張していませんか? 頑張りすぎてしまうタイプでしょう」とやさしい言葉をかけていただき、だんだんと緊張がほぐれ気持ちも落ちついていきます。

『時折、声をかけながら施術します。施術が進むにつれ、お客様がリラックスしてくると「そういえば」とか「実は~で」』など、ご自身の事を話してくださる方もいらっしゃいます。また、姿勢や歩き方からもその方のクセが見えてくるので、そういった情報から、その方にあった、オーダーメイドの治療。つまり、鍼やお灸をする場所決めていきます』と院長がおっしゃっていました。

 

④冷えの激しい足先に鍼を打ちます

「顔だけに鍼を打つと気や血のめぐりが上昇し、のぼせてしまいます。その予防のため、ゆりこさんの場合は、足の甲にある『太衝(たいしょう)』」のツボに鍼をさせていただきますね」とのこと。
「ちょっとツンとするかもしれません」と声をかけていただきながら鍼をしていただきましたが、痛みは特に感じませんでした。

足の甲にある『太衝』というツボは、東洋医学で用いる五行思想の(肝、心、脾、肺、腎)でいう、「肝」に関係深いツボで、全身の気や血のめぐりに重要な役割をしてくれる万能なツボだそうです。

 

⑤足先を赤外線で温めます

夏場でも冷えやすい体質で、クーラーの効いたオフィスがつらい私。

『いつも脚が冷えやすくありませんか?』と院長にあてられました。
『肌を出している部分は通常より1,2度体温が下がります。身体の熱のバランスを整えるのに足は温かいほうがいいんです。施術中は鍼を打ってあるので、タオルをかけられませんので、冷え防止のために赤外線をあてさせていただきました。お客様によっては足先よりおなかが冷たい方もいますので、その場合はおなかに赤外線をあてる場合もあるんです。』とお話しくださいました。
赤外線の血流循環促進作用によりじんわりと脚が温まり、リラックスしていくのがわかります。

 

⑥どうして? 鍼を打っているのにまったく痛みを感じません

体がポカポカしてきたところで、顔に鍼を打ってもらいます。
過去に鍼治療をした際に痛みを感じたことがあるせいか、刺す瞬間は少し緊張。リラックスしようとしても顔がこわばります。

しかし、そんな心配もつかの間。「痛くありませんか?」と聞かれたときには、すでに1本目の鍼が打たれている状態でした。あまりにもあっけなく、いつされていたのか気づかないほどでした。

その後も目頭や頬など次々に鍼が打たれていきましたが、皮膚を引き上げられる感覚のみで、鍼の感触は感じませんでした。そんな感覚を楽しんでいるうちに『お顔の半分、全部打ち終わりましたよ』と院長。

 

⑦鍼を外すときも気になる痛みはほとんどなし

そのまま5〜10分ほど時間を置き、鍼を抜いていきます。刺すときと同様、いつ抜いているのほとんどわからないほどスムーズです。時折、チリっとした痛みとも言えない程度の感覚があるときもありますが、一般的には気にならない人が多いと思います。

◆美容鍼を体験中

(クリックすると動画が再生されます)

 

⑧たった10分でこんなに変わるなんて!

顔の片側の治療が終わると手鏡を渡され、寝たまま自分の顔を確認できます。
ここで思わず「え!すごい!」と大きな声が(笑)。
鍼を打ち終わった方の顔は、パッと見にもわかるほどリフトアップしています。頰の位置が高くなり、輪郭がすっきりシャープに。一回り顔が小さくなった印象です。
たった10分程度でこんなにも変化があるなんて、驚きとともにもう片側も早く鍼を打ってもらえないかしらとウズウズするほどの仕あがりでした。

 

⑨顔に鍼を打ったまま、全身を診てもらいます

その後、反対側の顔にも鍼を打っている間に、脚や腕などにも鍼を打ってもらいます。場所によっては鍼を打ってすぐ抜くところと、しばらく時間を置くところがありました。

 

⑩おへその下にお灸を据えます

お灸を据えてもらったのはおへそのすぐ下「気海(きかい)」というツボ。
お灸ははじめてでしたが、置かれたことがわからないほど、熱さや痛みなど何も感じません。

気海は倦怠感や気力がない人にも効果的な”元気補給のツボ”。 気の集まる場所なのでここにお灸や鍼をすることで、本来の気の流れを整えられるそう。
また「海」とつくツボは「照海(しょうかい)」や「血海(けっかい)」などいくつかあり、これらは婦人科に関係するツボだそう。骨盤内の血流循環がよくなるのだと教えていただきました。

「熱くなったら教えてくださいね」と促されましたが、
なかなか熱くならないので「なぜでしょう?」と尋ねたところ、「熱さを感じにくいのは、巡りが悪くなっている証拠」だそう。
しばらくするとじんわり熱を感じ、お灸を外してもらうと、おなかの中側からぽかぽかしている感覚を感じました。

 

⑪途中経過を見るため、再び脈を確認

完全にリラックスして眠りそうになっていたころ、ここでもう一度脈を確認。
『脈が落ちついてきましたね』と院長。
全身ポカポカしてきたら、巡りがよくなってきた証拠なのだそう。

 

⑫手で触れて体の状態をていねいに診てもらいます

鍼を打つたびに、ていねいに体の状態を確認してくれる院長。
余計な体の力はすっかり抜け、自分でも体の巡りがよくなっているのを感じます。

 

⑬仰向けの後は、うつ伏せで鍼灸治療が続きます

仰向けでの施術が終わったらうつ伏せせになり、湧泉(ゆうせん)(足の裏)にはお灸を、三陰交(さんいんこう)、陰陵泉(いんりょうせん)など足首からふくらはぎにかけては鍼を打ちます。お灸は左右で熱を感じるまでの時間がことなり、鈍い方の巡りが悪い証拠とのこと。
日常生活で自然とついてしまった“身体のクセ”を見直すきっかけにもなりそうです。

 

⑭腰にも鍼とお灸を。すごく心地いい!

腰の真ん中にお灸を、その周りに鍼を打ってもらいました。内臓の疲れ、骨盤内の血流、冷えやむくみの改善にも効果的だそう。とても心地よくて全身がほぐれる感覚にうっとり。
この部分をケアすることで上半身下半身の全身のバランスを調整できるそう。さらに首、肩コリの改善にもつながるのだと聞いて驚きました。『一般的な鍼灸に対するイメージだと、肩コリなら肩を治療と思うと思います。それはそれであるのですが、実は繋がりの筋肉や経絡が影響している場合、その原因を断つことで、関連した部分も一緒に改善することができます』と教えていただきました。

 

⑯「手当て」をして施術完了

鍼灸治療が終わったら、座った状態で肩や首を診てもらいました。
特に肩甲骨周りを動かしてもらったので、なぜかとお聞きしたところ、
『肩甲骨周りのコリが姿勢にも影響し、首や肩コリに繋がります。また、自律神経にも関係があり、肩甲骨がスムーズに動かせるようになると身体の歪みや自律神経も整ってきますので、施術の最後に動きをみさせていただいています』とのこと。
確かに、内側に閉じていたデコルテ部分も解放され、背筋がしゃんと伸びて自然と呼吸が深くなっているのを感じました。
また冷房や疲れから冷えきっていた身体も全身の巡りがよくなったせいか、つま先や手の指先まで温かな血と気が流れていることを実感。それとは逆に、ボーっとしていた頭はすっきりクリアになったのもうなずけますね。鍼灸ってすばらしい!

 

小顔効果もバッチリ! 施術前後の比較

一つひとつ見ていくと、施述前は右頬が張りだしてる一方、左頬はコケていましたが、施術後は左右のバランスが整って均等な丸みを帯びています。手のひらで触れてみるとたるんでいたフェイスラインがきゅっと引き上がり、頬骨の位置はぐっとあがり、小顔効果を実感。生気のなかった顔は、血色がよくなり目に力が出ました。

 

最後はじっくりアフターケア

ホットティーをいただきながら、今回の施術における改善点や効果について、また今後の経過予測をお話いただきました。このとき特に印象的だったのは、自分でも知らなかった、自分の体質や性質を知ることができたことです。
それは『頭がほてりやすく、手足が冷えやすい』という特徴。確かに私は仕事で切羽がつまると、落ちつきがなくなったり、頭に血が上ることも。そうした自分自身の性質を知ることで、より効果的に体質を改善していくことができるそう。心身ともに治療をしていく『鍼灸』の考えに感銘を受けました。

★今回私が体験した「粋華」トライアルコースとは?

CALISTA一番人気「粋華(すいか)」のトライアルコースは、
“美容鍼”と“全身鍼灸”を同時に行い、お身体の中と外、両面から美と健康を実現するコースです。

>>粋華トライアルコースを見る


カリスタからのアドバイス:

施術後の注意点:
美容鍼灸を受けた当日は、お風呂は短めに。普段より血流がよくなっているため、一気に血流がよくなりすぎると、逆に体調が悪くなることもあるので長風呂に要注意。その他、アルコールの摂取や脂っこいものなど消化の悪い食べ物は避けるとよいですね。激しい運動は避け、身体を休めることに努めましょう。
通院ペースは?
疾患や状態、体質にもよりますが最初の1ヶ月くらいは1、2週間に1回のペースで治療を受けるのがベスト。その後は自然治癒力が高まることで月1回などだんだんとペースを減らすことを目指します。高頻度で来なくてもいい状態を維持できるようにするのが理想です。

 

CHIHIRO院長
「私も助けられた、鍼灸治療を多くの女性に届けたい」

その前に、美容鍼灸とは何なのか、女性の体と心にどんな変化をもたらしてくれるものなのか、カリスタの院長であるCHIHIROさんに伺いました。
「鍼を打つなんて痛くないのかしら?」と不安になる方も多いと思いますが、実際のところはどうなのでしょう。

「鍼灸を受けたことのない方の中には、『痛そう』『怖い』といったイメージを持っている方も確かに多いですね。でも施術がはじまると『え?もう鍼がささってるんですか? 全然痛くないんですね』といった声のほうが圧倒的に多いです」

カリスタで使用されている鍼は、髪の毛ほど細く、柔らかいものを主に使っているそうですが、鍼治療では施述方針と鍼の太さによって感じ方に違いがでてくるといいます。

「カリスタでは、鍼灸をよりたくさんの方に受けていただきたいという理念を持っているので、とにかく痛くない鍼を目指しています。ただ、鍼をする部位、打ち方、お客さまの体調など、さまざまな条件によって、いろいろな種類の鍼を使いわけることもありますよ。」

鍼は1本1本滅菌されていて滅菌状態の使い捨て。精密に作られた細くて高品質な日本製の鍼を使用しているそう。そんな鍼によって得られる効果はこんなにも多岐に及びます。

 

「気・血・津液」全身の巡りを整えるツボ
三千年以上前から続く鍼灸治療は、全身に360個以上あるツボを刺激することで気の流れや血流、津液の巡りを整えるもの。ツボの大まかな位置は決まっているものの、個人差やその日の体調によっても変わってくるのだそう。またツボは体の中心に位置しているものを除いて左右対称に存在するので、バランスを取るために両方のツボを刺激するのが基本です。ツボを刺激することにより、肩コリや腰痛、自律神経の乱れからおこる不定愁訴、眼精疲労、生理中の辛い症状や更年期障害など、あらゆる不調の改善を助けてくれます。

鍼灸治療による肌のターンオーバーの改善
一般的に肌のターンオーバーは28日程度といわれています。しかしストレスやホルモンバランスの乱れなどにより、40日もの期間がかかる場合もあるそうです。
ターンオーバーの正常なサイクルを保つには、真皮層に鍼で刺激を与えるのが有効で、その仕組みは鍼の刺激で「傷つけられた」と認識した細胞が、その部分を修復するためにコラーゲンやセラミドなど、肌の土台をつくる成分の生成を促進するのです。
鍼によって刺激をあたえられた肌はターンオーバーのサイクルが整います。そのため肌トラブルが改善されるだけでなく、肌の基礎状態が底あげされることでエステや化粧品の効果をより高める効果も期待できます。ニキビやシミで悩んでいる人はもちろん、シワやハリ、毛穴レスな肌を目指す女性にもオススメです。

>>関連コラム
美容鍼による7つの効果

小顔やバストアップにも有効
鍼は気になる顔のむくみやたるみ、ほうれい線にもアプローチできます。
1)むくみ
頬などにある「脂肪ポケット」と呼ばれる場所を刺激すると血行がよくなり、たまっていた老廃物を排出し、むくみを取りのぞきます。
2)たるみ
耳の後ろにある「翳風(えいふう)」、あごにある「上廉泉(かみれんせん)」「頬車(きょうしゃ)」などのツボを刺激して顔のコリをほぐすと、筋肉が正常な位置に戻って本来のフェイスラインが復活します。

 

■「翳風(えいふう)」のツボ

■「上廉泉(かみれんせん)」

■「頬車(きょうしゃ)」

3)バストアップ
胸にある「天渓(てんけい)」は、乳腺の発達を促すツボでバストアップに有効。また胸の裏側、肩甲骨のコリをほぐすことも効果的です。

>>関連コラム
足のむくみに効く鍼灸
美容鍼の効果はどの程度?

 

現れている症状だけでなく、隠れた原因までトータルケア
これらの効果は1回の施述でも実感することができますが、カリスタの鍼灸治療の醍醐味は施術を通して自分の知らなかった内側の部分を知れること。

例えば、ほうれい線に悩んでいたとします。
ほうれい線は肌の栄養失調が原因のひとつと考えられるので、胃腸の働きが低下している方ほど目立ちやすくなります。ですから胃腸を整えて栄養の吸収力を高め、肌まで栄養が行きとどくようにしてあげれば、ほうれい線も目だたなくなるのです。

東洋医学では,局所治療も行いますが、脈を診たり、身体に触れて、虚実を探し、陰陽五行説をあてはめるなどして、根本的な不調の原因を探っていきます。五行説に五臓というのがあり「肝/心/脾/肺/腎」の5つに分け、この5つが平均してそれぞれの役割を果たせていれば体調もいい状態ですが、どれか一つでも弱っていたり、または強すぎていたりするとバランスが取れず、身体の不調につながってしまいます。弱すぎればそこにパワーを与え、強すぎれば力を弱めてバランスがとれるよう改善する根本治療が一つの特徴であります。隠れた原因までトータルケアすることで、美容効果も見込めるのです。

「たるみも気になるけど、肩コリもつらい……」
「顔はむくむし、足も冷える……」
など、女性はいくつもの症状を抱えているもの。

カリスタが誇る経絡治療には、心と体を一対で整える叡智がつまっているのです。

 

女性には心と身体のトータルケアが必要
穏やかで凛とした美しさが眩しいCHIHIRO院長ですが、
アナウンサー時代には、不規則な生活が原因でいくつもの症状を抱える女性のひとりだったそうです。そんなとき祖母のすすめで『鍼灸』を受け、「体が元気になると心も元気になる」ことをはじめて体感したのだそう。
以来、鍼灸師を志し「女性が心も身体も元気になれるサロンをつくる」と心に決めたといいます。

「鍼灸学校に入学した日、私は『卒業と同時にサロンを開業します』と宣言したんです。その先に見えていたのは、女性がくつろげて元気になれるサロンをつくりたい、というその想いだけでした。とはいえ鍼灸師にとって臨床経験こそ宝であることも理解していました。ですから、授業で習得した鍼灸を毎日、自分自身にし続けようと決めたんです」

———その言葉の通り、旅行先でも風邪で寝込んだときも疲れてすぐにでも寝てしまいたいときも、出産のときさえも、一日も欠かさず鍼やお灸をし続けているという院長。

「出産の時は陣痛を促すため、痛みに耐えながら自分に鍼を刺していました(笑)。もちろん大変なこともあるんですけれど、それでも鍼灸のお陰で心穏やかに、健康に生きられているのではないかと思うんです。

———そんな院長が大切にしていること。
それは心と体の両方のリラクゼーションと治療を融合させること。そのためには女性がくつろげる空間作りはもちろん、「手当て」をベースにした治療にもこだわりがあるといいます。

「鍼灸師なので『鍼を打ってなんぼだ』という意見もありますが、私は治療の基本は施術者の手の感度、感覚の鋭さを持ちあわせることだと思っています。そのため、感覚を養えるよう目隠しと耳栓で聴覚と視覚を遮断して、折りがみを折るトレーニングは今でも行っています。

お客様の肌に触れその方の虚実を探り、いわゆるその方のツボ、治療点を見つけ治療するというのが日本鍼灸の特徴であり、カリスタが大事にしていることでもあります。

お客様の不調を施術者の手の感覚で感じられるようになると、触れられたお客様も心地よいと感じていただけ、それがお客様の手当てにもつながるんではないでしょうか。

——そうした、手の感覚を身につけるトレーニングは、現在でも全社で取りくんでいるそうで、カリスタに訪れると今ある不調だけでなく自覚していなかった身体の声まで知ることができるのだと納得しました。

 

自分の体に向き合うことで、さらなるキレイの扉を開く
ラグジュアリーな空間で受ける鍼灸治療は、心も身体もときほぐしてくれるものでした。それだけでなく、自分でも気がついていなかった身体のこと、クセや性質を知ることができたことで、どんな風に自分をメンテナンスしていけばいいのかを知るキッカケにもなりました。

年齢を重ねることは素敵なこと。
でもキレイのスランプを感じてしまったら、カリスタの扉を開いてみて。
それはきっと自分でも知らなかった、新たな美しさを開花させる一歩になるはずです。
皆さんもぜひ体験してみてくださいね。

What do you think of this post?
  • 参考になった (1)

関連記事
今年のテーマは「温故知新」 故きを温ねて新しきを知る。以って師と為るべし。 カリスタは伝統鍼灸をベースとした治療を提供しています。 三千年という長い歴史を経ても残る鍼灸には、それまでに関...

>続きを読む

最近の私のブームは「お灸」です。 毎日、寝る前に自分のケアとしてお灸をしています。ちぎるお灸ではなく、台座灸ですが。 少し前に「お灸女子」という名でブームになっていましたよね! ...

>続きを読む

今年は花粉が去年の8.5倍とも10倍ともいわれています。既に症状が出てお困りの方も多いと思います。 花粉症対策に鍼灸療法 花粉症対策に、鍼灸が効果的であることが、少しずつ認知されてきていま...

>続きを読む